鍵交換を自分でする場合に失敗しないコツはサイズ選びにアリ!

入り口にキーを追加することの利点は、セキュリティ面も強化できることです。

特に「Wandoa two lock」の場合、玄関ドアに鍵が1つしかない場合よりも、空きに脆弱になりにくくなります。

理由は、侵入に時間がかかると判断すれば、被害者が諦める可能性が高まると言われているからです。

多くの種類のキーから最適な補助キーを見つけて、2つのロックに移動させましょう。

実際のコストと追加の方法について説明したいと思います。

DIYで取り付けする場合は、簡単に取り付け可能な補助キーを選択してください

入り口にキーを追加するには、自分で追加する方法と業者に尋ねる方法があります。

入り口にキーを追加するには、まず穴を掘る必要があります。

しかし、これはアマチュアにとっては難しい作業です。

ドアを壊す危険があります。

したがって、DIYを使用して入り口にキーを追加する場合は、必ず補助錠を使用してください。

補助キーは、穴を開けずに取り付けることができる、取り付けが簡単なタイプのキーです。

あなたがDIYに自信を持っていなくても、ほとんど失敗しないので便利です。

コストも800〜5,000円くらいで安いものが走っているのが分かりやすいです。

入り口に穴を開けずに取り付けられた補助キーは、家賃でも自由に使用できます。

後で取り除くことができるからです。

しかし、簡単な取り付けのためには、「何もないより多くの時間を取る」というレベルで防犯力とみなす方がよいでしょう。

「犯罪防止をしっかり強化したいなら、専門家に相談し、費用を相談することは安全です。

補助キーではありませんが、私はしっかりした “キー”

入口キーに本格的なキーを追加したい場合は、取り付けのために穴を開ける必要があります。

請負業者に依頼する必要があります。

入り口にキーを追加する場合は、4つの選択肢があります。

ドアメーカー

追加したいキーが決まっている場合は、そのキーを扱っているドアメーカーに依頼する方法です。

家を建てた家屋や建設店

わずかに高価になるかもしれませんが、それはまだ信頼できます。

私は自分の家を知っているので、スムーズにリクエストできるというメリットがあります。

一般的に改装する契約を結んだ製造業者

デザインを強調したいときに使うときは、しばしばイメージに近いドアやキーを選択します。

ドア自体が古い場合は、リフォームの要素を入れたい場合に使用することをお勧めします。

キースペシャリスト

犯罪防止力を強調したい場合は、主要な専門家にも尋ねるのが最善です。

私たちは一般的な鍵を取り扱っていますので、ひいきにしませんので、「コスト」と「犯罪防止」についてお話します。

それが主要な専門家であれば、パートナーはいないので、柔軟性を持たせることも有益です。

業者に尋ねるときには、部品の購入コストを抑えるためにネット上で購入し、取り付けのみを求める方法もあります。

部品を手配する前に、「取り付けが必要ですか?何らかの条件がありますか?」という質問で便利に使用しましょう。

あなた自身の重要な部分を自分で購入する際の注意

DIYで入り口にキーを追加する場合、補助キーは大量販売店などで購入できます。

また、オンラインで購入すると、「サイズが間違っていました」と後悔している人が多いようです。

ネットを使用する場合は、慎重に確認して購入することが重要です。

また、犯罪防止機能のみを強化したい場合は、現在使用している入り口の鍵を新しいものと交換し、自分で補助鍵を取り付けることをお勧めします。

古い鍵は悪化しており、セキュリティーパワーは新しい鍵よりもずっと低くなっています。鍵交換費用の心配がある場合は、「入場時の鍵交換費用はどのくらいですか?

効果について

ドアの形状によっては、入り口のキーを簡単に選ぶことができます。

入り口にキーを追加するだけでも犯罪防止効果が期待できます

一般的なキーは左右に突起(ギザギザ)があり、そのような形状のキーはピッキングに弱いと言われています。

ディンプルキーのようなキーの表面に複数のくぼみを有するキーには、1000億以上のくぼみの組合せがあり、挿入されるキーホールも複雑な内部構造を有するので、単にこれらのキーを入り口に追加するだけでも

それはピッキングに対して非常に有効です。

エントランスに鍵を自分で追加する手続き

DIYでエントランスにキーを追加するには、補足的なロックを使用することをお勧めします。

補助錠剤であれば、穿孔を行うのはほとんど不可能なので、女性でさえも力をかけずに簡単に取り付けることができます。

補充錠はホームセンターやネットで購入することができますが、様々なタイプがありますので、自分に合ったものをお選びください。

【購入前の確認】

・ドアとドアの間の隙間の幅を確認する

穴を開かずに取り付けられる補助キーは、ドアとドアの間の隙間の数をしっかりと確認しない限り、取り付けられない場合があります。

・ドアの厚さ

製品によっては、扱えるドアの厚さに違いがありますので、必ず確認して見つけてください。

・ドアのドアに「煙の戻り」がないことを確認する

「スモークリターン」が付いていると、補助キーがドアとドアの間の隙間に挿入されないことがあります。

・「外側開口」または「内側開口」のドアに対応するかどうか

ドアが開く方向によっては、使用できない補助キーもあります。

【必要なもの】

・補助キー(穴を開けずに取り付け可能なもの)

・ドライバ

【手順】

1.ドアが開いた状態で、補助キーを適用します。

2.ドアフレームを押さえながら、内部からネジを締めて固定します。

3.固定したら、ドアを閉じて、ロック部分を外側から取り付けて完了させます

レンタルの場合はエントランスのキーを追加することに注意してください

鍵を賃貸住宅の入り口に追加しようとするときは、理由を含めて管理会社と所有者の許可を得る必要があります。

穿孔しないタイプの補助キーであっても、許可を得ることは安全です。

許可なく自己判断で鍵をエントランスに追加すると、出かけるときに問題があるようです。

自己判断はしないでください。許可を得てください。

プロパティによっては、鍵をエントランスに追加できない場合があります。

ドアに応じて、入り口にキーを追加するのではなく、改装が推奨されます

扉の形状によっては、珍しい形や古い建物かもしれませんが、最初に追加するのは難しいかもしれません。

その場合、キーを追加するのではなく、ドアを改装すると、犯罪対策を講じることができます。

キーを追加する方が良いか、改装するべきかどうか、ディーラーに相談してみましょう。

まとめ

ロックされている人生は明らかになっていますが、最近は犯罪も多様化しており、被害者の犠牲者の方法は巧妙になっています。

それに伴って、犯罪防止意識も高まり、さまざまな対策を講じている人が増えているようです。

防犯対策の一つであるキーの追加もDIYで簡単に行うことができ、効果的な防犯対策と言えます。

犠牲者にならないためには、基本的な知識と知識を保つのが良いです。

より安全にセキュリティを確保するため、ディーラーに相談しましょう。例えば、キーを追加する方が良いか、改装をうまくやるかなどです。

関連記事

ページの先頭へ